当記事では、私がこれまで20000分以上の体験を通して、「この方法なら間違いない」と確信した上で、質の高い講師の選び方を大発表しています!

これまで何百回も、質の高い講師はもちろん、質の低い講師(ごめんなさい)のレッスンを受けてきて、ついに自信を持って教えられる質の高い講師の選び方が確立しました。(長かった...)

これからオンライン英会話を始めようと思っている方はもちろん。今すでにオンライン英会話を始めているけど、

どうやったら質の高い講師を選べるかわかんない!

と思っている方は必見です。方法なら、ほぼ確実に質の高い講師のレッスンを受けることができますよ。

20000分以上受講してわかった!そもそもオンライン英会話で質の高い講師ってどんな講師?

まず、私自身がこれまで20000分以上オンライン英会話のレッスンを受講してきた経験として、質の高い講師、普通の講師、質の低い講師の割合はそれぞれ2:7:1くらいの割合でした。

それでは、質の高い講師は他と比べてどんなところが優れているのでしょうか。20000分の実体験を振り返ると、「この講師すごいな!(質が高い)」と感じた講師の特徴としては以下の6つが挙げられます!

  1. 文章の言い換えが上手い
  2. 文法を曖昧にしない
  3. 発音が綺麗
  4. 語彙の幅が広い
  5. レッスンに慣れている
  6. いつも笑顔でよく褒めてくれる

文章の言い換えが上手い

まず特に感じる点として、質の高い講師は総じて文章の言い換えが非常に上手いです。

例えばこの文章。英語中上級者にとってはなんてことのない文章と思われるかもしれませんが、英語初心者の方にとって、obscure(曖昧)など、なんだこれ?というような表現が幾つか散見されると思います。

His thesis doesn't make sense. To begin with, its theme is obscure.(彼の論文は意味不明。第一、主題が曖昧だ。)

Duo3.0

それでは、この文章をもっと簡単な文章に置き換えるとどうなるでしょうか。

His thesis doesn't have a clear meaning. First of all, its topic is unclear.

どうでしょう。かなり簡単になりましたよね。この文章は単語や表現のレベルこそ簡単にはなりましたが、文章自体の意味はほとんど変わりません!

このように質の高い講師は、生徒がわからない語彙や表現を、より容易な形にして生徒に説明することができます。

例えば、自身の英語レベル以上の難易度のテキストに挑戦する時なんかは、上記のような言い換えができる講師でなければレッスンを最後までこなしていくことは困難です。

つまり選ぶ講師によって、選んだテキストをやり遂げられるかどうかが決まると言っても過言ではないでしょう。それだけ、質の高い講師を選ぶことは、レッスンのクオリティを向上させる観点からしても重要なんです。

文法を曖昧にしない

2つ目の質の高い講師の特徴として挙げられるのは、「文法を曖昧にしない」ということです。文法を曖昧にしないってどういうことでしょうか。私の実体験を元に解説します。

早速ですが、これは、私がBest Teacherのライティングレッスンを受講した時に書いた文章です。どこが間違っているか考えてみてください!

I'm really appreciate it.
My flight was delayed. So it took long time more than I thought.
Anyway, thank you for everything today! Good night!

意味としては問題なく伝わると思いますが、所々に文法的な間違いがあります。この文法を正しくした形がこのようになります。

I really appreciate it.
My flight was delayed. So it tooka longer time than I thought.
Anyway, thank you for everything today!Goodnight!

①appreciateは通常の動詞なので、「I'm」の内の「am」は必要ありません。
②ここでは、時間を参照しているので、不定冠詞のaをつける必要があります。
③moreではなく、比較形容詞のlongerを使う方がここでは正しいです。
④この単語は1つの単語として書かれるので、Goodとnightを分けずにくっつけて記載します。

どうでしょう。一見大きなミスはないように見えますが、この短い文章の中でもこれだけの文法ミスが存在します。

ここではより具体的にわかりやすいように、Best Teacherのライティングレッスンでの経験をシェアしましたが、質の高い講師は、このような文法の修正をマンツーマンレッスンの中で瞬時に行うことができます。

このことから要するに何が言いたいかと言うと、文法を曖昧にせずに適宜修正してくれる講師を選ばないと、永遠に自身の文法の間違いに気づかない恐れがあると言うことです。

つまりずっと不自然な英語を話し続け、それが癖になってしまう恐れがあります。そのような癖をつけない為にも、文法を曖昧にしない質の高い講師を選ぶことは非常に重要です。

発音が綺麗

質の高い講師はレッスンを受けていて非常に発音が綺麗に感じます。

例えば特に日本人が苦手とするLとRの発音。難しい発音の代表的な単語には「Really」「Release」などがあります。

Reallyなんかは、RとLが1つの単語に入っているから特に発音が難しい!

このような単語も、質の高い講師であれば非常に綺麗に発音できますし、他にも日本人が苦手とする発音「th」の音も綺麗に発音することができます。

そして、発音が綺麗なのはもちろん、質の高い講師はLとRの音の違いを正確に発音できるので、生徒にLとRの発音ミスを正確に指摘できるんですよね。

例えば、これはあるレッスンのチャットボックスの1部です。この講師の方は、私のLとRの発音の違いに気づいて、私が発音ミスした単語を適宜チャットボックスに送信して訂正してくれました。私がお気に入りに登録している講師でもあり、非常に助かっています。

このように、本当に質の高い講師は、発音が綺麗なのはもちろん。生徒の発音ミスにも正確に気づき、訂正することができます。

語彙の幅が広い

質の高い講師のポイントで重要な項目。それが講師の語彙の幅が広いということです。

例えば、最近のレッスンで私がわからなかった単語が「Preliminary」です。

Preliminary: coming before a more important action or event, especially introducing or preparing for it

日本語では、一言で「準備」「予選」などと訳されていますが、正確に言えば、「より重要な出来事やイベントの前に行う準備や紹介」という意味となります。

正確な意味でこの単語を理解しようというのはかなり難しいですよね。英単語のレベルで言えば英検1級レベルです。

しかし、質の高い講師であれば、この単語の意味を生徒にとってよりわかりやすい単語で言い換え、説明してくれます。この場合、「Preliminary」と同義の単語は「introductory」となります。

すると、「introductoryであればわかる!」という方が一気に多くなるのではないでしょうか。講師の語彙の幅が広ければ、このように難易度の高い単語を、簡単な単語に言い換えた上で、生徒にわかりやすく説明することができます。

レッスンに慣れている

当然といえば当然ではありますが、質の高い講師はレッスンを行うことに非常に慣れています。

上級者にとっても講師がレッスンに慣れていることは重要なポイントですが、個人的には初心者にこそ特に重要なポイントであると思います。レッスンを受け始めた時はほとんどの人が緊張しますよね。私も始めてのレッスンの時は非常に緊張しました。

しかしそんな時レッスンに慣れている講師なら、初めの会話から生徒を笑わせて、上手く生徒の緊張を解いてレッスンをしてくれます。

オンライン英会話の始めたては特に挫折して辞めてしまい時期でもあるので、挫折しない為にもレッスンに慣れている講師を選ぶのは非常に重要でしょう。

いつも笑顔で、よく褒めてくれる

私が非常に重要であると思う質の高い講師の特徴は、「いつも笑顔で、よく褒めてくれる」ということです。

もちろん、レッスンを提供する上で、特に大事なのはそもそもの英語を教えるスキルです。しかし、それと同じくらいに、「いつも笑顔で、よく褒めてくれる」ということは生徒のモチベーションをあげるという意味でも非常に重要であると身を持って痛感しています笑

正直、毎日オンライン英会話を受講するというのは、始めたては特に大変であると思います。

そんな時に、「この講師がいるなら」と思ってレッスンを受けられるようなお気に入りの講師がいれば、レッスンを受講する助けになります。

ちなみに、自身の講師のお気に入りリストを振り返ると、計210名も講師をお気に入りリストに登録していました笑

私自身、いつも笑顔でよく褒めている講師が居たのでレッスンを受講するモチベーションになり、結果として20000分以上もオンライン英会話を続けることができました。

意外と見落とされがちなこの項目ですが、オンライン英会話を長時間継続していく上で、いつも笑顔で褒めてくれる講師を選ぶことは非常に重要です。

[2年間掛けて実証!]オンライン英会話で質の高い講師を探す方法。

それでは本題に入ります!上記の質の高い講師の特徴を踏まえ、オンライン英会話で質の高い講師を探す方法にはこれらが挙げられます。

  1. ユーザー評価やレッスン数を参考にする方法
  2. ランキングを参考にする方法
  3. コメントを参考にする方法
  4. 講師の経験年数を参考にする方法

ユーザー評価数やレッスン数を参考にする方法(参考度◎)

多くのオンライン英会話では上の画像のように、「ユーザー評価」「レッスン数」「予約数」「お気に入り数」を確認することができます。1つ1つの項目について簡単に確認していきましょう。

ユーザー評価

レッスン後に、講師に対して生徒がつける評価。星1が一番低く、星5が一番高い。

レッスン数

これまで、講師がどれだけのレッスンを生徒に提供してきたかを表す数字。

予約数

生徒が該当の講師のレッスンを予約した回数を表す数字。

お気に入り数

講師が生徒からお気に入りに登録されている数。

それぞれの項目の意味はこのようになっています!

数値が高いほど好ましいことは言わずともわかると思いますが、具体的にどのくらいの数値であれば、質の高い講師であるかいまいち判断がしづらいですよね。

そこで、私がお気に入り登録している210名の講師の値を集計して、平均を出してみました。それがこちら

ユーザー評価 4.846
レッスン数 4880
予約数 1082
お気に入り数 1132

結果はこのようになっていました!上記の数値が質の高い講師を選ぶ上での大きな基準となります。

高すぎない?と思われる方もいるかと思いますが、私が考えるにこの数値は質の高い講師を選ぶ上で妥当であると思います。

というのも例えばユーザー評価の項目を例に出すと、講師の一覧を見てみるとほとんどの講師が評価4.6以上を持っており、4.6以下の講師はほとんどいません。

実際に自分自身で評価が4.85以上の講師と4.6以下の講師を比べてみると語彙の幅、文法の正確さ、笑顔でレッスンをしてくれるか。どれをとってもその差は歴然です。

つまりオンライン英会話では、この0.1の違いが、本当に大きな差を生んでいるんです。このことからも質の高い講師を選ぶ上で、上記の基準は十分に妥当であると言えます!

ランキングを参考にする方法(現時点ではネイティブキャンプのみ)(参考度◎)

オンライン英会話で質の高い講師を見つける一番確実で簡単な方法として、ランキングを参考にすると言う方法があります。(現時点でランキング表示があるのはネイティブキャンプ英会話だけなので、他のオンライン英会話を利用している方は飛ばして下さいm(_ _)m)

ランキング表示の項目は、ユーザー評価、レッスン数、予約数に分けられており、各項目上位20位までの講師が2週間ごとにランキングで表示されます。

この3つの項目の中で、1番注目すべき項目は間違いなく「予約数」です。

というのも、予約数は「生徒が追加料金を払ってまでもその講師のレッスンを受けたいという証」です。

つまり、予約数で上位20位に入っている講師は、追加料金を払ってでもレッスンを受けたい講師20位ということになります。

どうでしょう。文面を見ただけでも、予約数でランキングに入っている講師の方が、より質の高い講師である可能性が高そうですよね。

これらの理由から、ランキングで質の高い講師を探す場合は、私は「予約数」の項目で上位20位に入っている講師を選ぶことを強くオススメします。

しかし!ここで注意点なのですが、これらの3項目で上位20位に入っている講師は何千人といる講師の中でも選りすぐりの超人気講師ばかりです。

するとどのようなことが起こるか.....

1週間先まですべて予約でレッスンが埋まってしまっています笑

ネイティブキャンプでは、日本時間午前0時の日付が変わったタイミングで1週間先のレッスンスロットが公開されます。

ランキングを使えば、100%質の高い講師を選ぶことができますが、その分生徒側の競争は激戦です。ランキングに表示されている講師のレッスンを受けたい場合は、午前0時になったタイミングを逃さずに1週間先のレッスンを予約する必要があるでしょう。

コメントを参考にする方法(参考度◯)

非常にシンプルですが、コメントを参考にして質の高い講師を選ぶという方法もあります。

自身で、生徒からの講師へのコメントを見てみて、「この講師は良さそうだな」と感じた講師のレッスンを受けるのはかなり効果的であると思います。

ただ、正直この項目に関してはコメントを読んだ上での直感に頼るしかありません(笑)

しかしあえて基準を言うならば、ざっとコメントを見て、その内90%以上が良い内容のコメントであれば質の高い講師の可能性が高いです。(私がお気に入り登録している講師のコメント欄を確認すると92〜95%以上が良いコメントで埋め尽くされていたので。)

少し雑な基準となってしまい恐縮ですが、こちらに関しては上記を参考にして頂ければと思います。

講師の経験年数を参考にする方法(参考度△)

4つ目の方法として挙げられるのは、講師の経験年数を参考にする方法です。多くのオンライン英会話では上の画像のように、講師を始めてからの経験年数が表示されています。

実体験からの目安としては「3年以上」講師としての経験がある講師はレッスンに慣れており、質の高い講師である確率が高いと言えます。

ただ注意点として、こちらはあくまでも経験年数であり、生徒側からの直接の評価ではありません。要するに、経験年数の長さ=質の高さとは必ずしも言えないということです。

もちろん講師の経験年数は質の高い講師を選ぶ上での基準とはなりますが、客観的な生徒からの評価ではない以上、基本的にはこれまで紹介した3つの基準を優先して講師を選ぶと良いでしょう!

まとめ

ここまで読んでいただいていかがでしたでしょうか。記事内で述べたように質の高い講師を選んでレッスンを受講することは、効果効率的にレッスンを受講するという観点から非常に重要です。ぜひ当記事を参考にして自分にあった講師を見つけてくださいね!

これを読めば全てがわかる!20000分受講した私が教えるオンライン英会話ガイド

よく読まれている人気記事

オンライン英会話ランキングの一覧を見る

オンライン英会話解説の一覧を見る

おすすめの記事