カランメソッドの弱点である文法部分を補った進化版であるDMEメソッドをオンライン英会話で唯一提供しているイングリッシュベル!

今回は、オンライン英会話解説第14弾として、これまで15000分以上オンライン英会話のレッスンを受けてきた私が、実際にイングリッシュベルのレッスンを受講し解説しています!

TOEIC905点も取得している私が、実際にイングリッシュベルのレベルチェックテストも受けてみました。その時の様子や、結果も画像付きで紹介しているのでぜひ参考にしてみてください!

Contents

イングリッシュベル(English bell)の評価


1(最低)<<<<5(普通)<<<<10(最高!!)

講師の質は??
7・・・講師の質は総じて高く安定しています。
講師の数は??
5・・・講師の在籍数は数百人規模です。
教材の質は??
7・・・カランメソッドの改良版であるDMEメソッドの教材をオンライン英会話で唯一取り揃えるなど、多くの工夫がされています。
教材の数は??
6・・・満遍なく学ぶ上で十分な教材数が用意されています。
料金は??
4・・・月40回プラン17398円(税込)と相場に比べて割高となっています。
初心者へのオススメ度は??
6・・・初心者向けの教材が多く揃えられています。
上級者へのオススメ度は??
7・・・DMEメソッドの教材はTOEIC900点以上を取得するような上級者にも十分対応していますが、日常英会話等の教材は上級者にはやや物足りなく感じると思われます。
子供へのオススメ度は??
6・・・子供用のDMEメソッドの教材等も多数揃えられています。。
ビジネス英会話のレッスンのオススメ度は??
3・・・ビジネス英会話用の教材は多数取り扱われていますが、実践で使うには不十分です。
資格対策のレッスンのオススメ度は??
3・・・TOEICとIELTSの教材が揃えられていますが、レッスン内容としてはやや単調です。
予約の取りやすさは??
5・・・時間帯によっては、やや予約が取りづらいです。
継続のしやすさは??
7・・・受講料金は高額ですが、DMEメソッドを受講できるといった大きなメリットがある為、多くの方が継続してイングリッシュベルを利用しています。
総合評価
6・・・オンライン英会話で唯一DMEメソッドを受講できる一方で、通常の教材はやや不十分であるように感じます。

イングリッシュベル(English bell)基本情報、概要

イングリッシュベルはやはり何よりも、カランメソッドの進化版であるDMEメソッドのレッスンを提供しているのが最大の特徴です!

また、無料体験レッスンに含まれるレベルチェックテストも、他のオンライン英会話と比べて、かなり詳細にレベル判定ができるようになっています。こちらについても、当記事で詳しく解説していきますね!

入会金 0円
教材費 DMEテキスト、カランテキスト等は有料
月額料金(税込み) 月5回プラン3790円
月10回プラン6220円
月20回プラン9525円
月40回プラン17398円
レッスン形態 マンツーマンレッスン (25分間)
講師 フィリピン講師
対応コース 日常英会話、ビジネス英会話、DMEクラス等多種多様
レベル 特に分かれていない
実績 カランメソッドの現代版、DMEメソッドをオンライン英会話初導入!
レッスン可能時間 24時間
支払い方法 クレジットカード、銀行振込、 Paypal
無料体験レッスン 2回(1回目はレベルチェック)
無料体験レッスン受講時にクレジットカードが必要かどうか 必要なし
通信方法 Skype
教材 独自制作教材、DMEテキスト等を使用
解約方法 HPより解約可能
日本人講師有無
総合点数 78/100点

イングリッシュベル(English bell)はこんな方にオススメ

イングリッシュベルをオススメする人
・カランメソッドの進化版であるDMEメソッドのレッスンを受けたい人
・詳細なレベルチェックテストを無料で受けたい人
・安定した質の講師のレッスンを受けたい人
イングリッシュベルの特徴
・DMEメソッドをオンライン英会話で唯一提供している
・24時間レッスンを受講できる
・講師全員がオフィスからレッスンを提供している

イングリッシュベル(English bell)を選ぶメリット

イングリッシュベルのメリット
・DMEメソッドを提供している!
・無料で詳細なレベルチェックテストを受けることができる
・講師の質は全体的に安定している印象
・講師全員がオフィスからレッスンを行っている
・無料会員でも独自教材を全てチェックすることができる

DMEメソッドを提供している!

まずイングリッシュベルの最大の特徴が、DMEメソッドを提供しているということです!とはいうものの、「DMEメソッドって何?」と思う方も多いと思います!

そこで、DMEメソッドとはどのような学習方法であるか詳しく解説します!

DMEメソッドとは、カランメソッドと同様に、4倍速で英会話を身につけることができる学習プログラムです。

カランメソッドと異なる点は、カランメソッドの弱点である「新しい表現や語彙の不足」、「文法が学習しにくい」を補い、改良された学習方法である点です。

学習方法は上述の通り、通常のカランメソッドと変わりません。

講師が高速で2回質問した後に、生徒が瞬間的にその質問にフルセンテンスで回答していきます。上記の動画を参考にしてみます。〜00:21からのパートに注目です。

講師が高速で2回「What do we say when we give something to somebody?」と質問をしています。すると生徒が間を開けずに瞬時に「When we give some thing to somebody we say here you are.」とフルセンテンスで回答しています。

注意点としては、生徒は瞬時にフルセンテンスで回答をしなければならない点です。つまり「Here you are.」とだけ回答してはいけないということになります。

このように、講師からの質問に瞬時にフルセンテンスで回答をするトレーニングを積むことで、英語で回答する前に日本語で文章を考えてしまう日本人の癖を修正し、瞬時に脳内で英語の文章を作ることができるようになるんです!

強制的に日本語で文章を考える暇を与えないことが、4倍速で英語脳を作ることができる最大のポイントとなっています!

DMEメソッドでは、カランメソッドでは不足していた文法や語彙のパートも補強されているので、DMEメソッドのレッスンを受講するだけで、一通りの英語学習を同時に4倍速で行うことができます。

カランメソッドを提供しているオンライン英会話はネイティブキャンプ英会話やQQ Englishオンラインなど複数ありますが、現在、DMEメソッドをオンライン英会話で提供しているのはイングリッシュベルのみとなっています。

このことは、イングリッシュベルの最大の強みであり、最大の特徴と言えるでしょう。

無料で詳細なレベルチェックテストを受けることができる

イングリッシュベルでは、無料でかなり詳細なレベルチェックテストを受講することができます!

無料で受けられるレベルチェックテストとしては、全オンライン英会話の中で1番詳しいものであると思います。その詳しさを考えると、レベルチェックテストを受ける目的だけでも、無料体験レッスンを受講してみる価値が十分にあると思います。(無料体験レッスンの1回目がレベルチェックテストです。)

レベルチェックテストの詳細や、私が実際にレベルチェックテストを受けてみた結果はこちらで紹介しているのでぜひ参考にしてみてください!

講師の質は全体的に安定している印象

イングリッシュベルのレッスンを実際に受講してみて、講師の質はものすごい高いというわけではないが、全体的に安定している印象を受けました。

それもそのはず、イングリッシュベルでは、講師が実際にレッスン提供を開始するまでにはこれほどのプロセスがあります。

ほとんどのオンライン英会話の採用プロセスを見てもこれほど複雑なものは稀であると思います。レッスンを提供する前に、最低でも2週間以上のトレーニングを行っているのも安心できるポイントですね!

また、イングリッシュベルの受講料金は、正直に言って他のオンライン英会話よりも高額です。

しかし、受講料金が高額である分、講師に適正な給与の支払いができ、トレーニングも高品質なものを提供することができているようです。

何よりも、講師側の給与が高ければ自然と人気が集まり、講師間の競争も激しくなりますよね。

このことが、イングリッシュライブの講師の質が安定している理由であるようです。

講師全員がオフィスからレッスンを行っている

イングリッシュベルでは、講師全員がオフィスから生徒にレッスンを提供しています。

なんでも、イングリッシュベルでは2社のインターネットプロバイダーと契約しており、停電時にも備えて、各講師が利用しているパソコン全てに無停電電源装置を付属させているようなんです。

そのため、停電が多いフィリピンで停電が起こっても、一切レッスンが途切れることなくレッスンを継続することができます。

何よりも、オフィスからのレッスンの方がSkypeの通信がクリアで聞こえやすく、画面も鮮明です!画面がスムーズに表示される分、ストレスなくレッスンを受講することができますよ!

無料会員でも独自教材を全てチェックすることができる

イングリッシュベルの大きな利点として、イングリッシュベルでは無料会員でも全てのオリジナルテキストを有料会員になる前にチェックすることができます!

閲覧期限等は一切なく、いつでもどこでも誰でもオリジナルテキストをチェックできるんです。

そのため、イングリッシュベルの教材が自分に合うかどうか有料会員になる前にじっくりと確認することができます!

このこともイングリッシュベルの大きな利点の1つと言えるでしょう。

イングリッシュベル(English bell)の改善してほしいところ

イングリッシュベルの改善して欲しいところ
・料金が高い
・講師を詳細に検索することができない
・独自の通信システムがない
・独自教材はあまり作り込まれていない
・生徒からの評価を見ることができない

料金が高い

イングリッシュベルでは、オンライン英会話の相場5000〜6000円(1日1レッスン)に比べて、自動更新プランの月40回プランでは17398円と、料金設定が相場の3倍ほどとなっています。

DMEメソッドやカランメソッドを追加料金なしで受講できることを考えると高すぎるというわけではありませんが、継続的に使用するものであることを考えると負担が大きいかと感じます。

講師を詳細に検索することができない

イングリッシュベルでは、ネイティブキャンプ英会話やBizmatesなどのオンライン英会話のように、講師を詳細に検索することができません。

選べるのは、日付、性別、時間、対応クラス、対象だけです。

そのため、自身が希望するような講師を探すためには、1回1回講師のプロフィール欄を確認する必要があります。

このことは、イングリッシュベルの大きなデメリットの1つであると言えます。

独自の通信システムがない

イングリッシュベルのレッスンはSkypeを通して行われるので、多くのオンライン英会話で主流になっている独自の通信システムが用意されていません。(講師とテキストを同時に写せたり、画面の切り替えも可能。チャットボックスも用意されている。)

(↑QQ Englishオンラインの独自の通信システム)

Skypeを利用してのレッスンでは、講師の画面とテキストを同時に表示させることができないので、特に初心者の方にとってはかなりレッスンが受けづらくなります。(講師の口の動きを見ることができない為、電話でレッスンを受けているような状態になる)

このような理由から、独自の通信システムが用意されていないことは、かなり大きなデメリットの1つと考えられます。

独自教材はあまり作り込まれていない

イングリッシュベルの独自教材(オリジナルテキスト)を一通り確認する限り、イングリッシュベルの独自教材はレアジョブ、DMM英会話、ネイティブキャンプ英会話等の大手オンライン英会話に比べるとあまり作り込まれていない印象を受けます。

ただ、語句の確認をして穴埋めをするだけというような教材も散見されます。

DMEメソッドやカランメソッドのレッスンでは外部の教材を使用するので問題ないですが、独自教材だけでレッスンを受講するとなると、正直に言って大手のオンライン英会話ほどの英語力向上は期待できないのではないかと思います。

生徒からの評価を見ることができない


(レッスン予約時の講師のプロフィール画面)

イングリッシュベルでは、このように、講師への生徒からの評価やコメントが表示されていません。その為、実際にレッスンを受講するまでは、その講師が本当に自分に合う講師かどうかを客観的視点で確認できないんです。

レッスン受け放題であるわけではないので、生徒側としてはできる限りレッスンを受ける前から自分に合う講師を選びたいですよね。

このように客観的に講師を選ぶ方法が用意されていないのは、かなり残念なポイントであると感じました。

イングリッシュベル(English bell)の料金(税込)

自動更新プラン

月5回プラン 3790円
月10回プラン 6220円
月20回プラン 9525円
月40回プラン 17398円

その都度購入プラン

月5回プラン 4212円
月10回プラン 6912円
月20回プラン 10584円
月40回プラン 16632円

イングリッシュベルでの料金設定はこのようになっています。自動更新プランの方がその都度更新プランよりも500〜1000円ほど安く設定されています。

オンライン英会話の相場が月5000〜6000円(1日1レッスン)であることを考えると、イングリッシュベルの料金設定はかなり高く感じられますね。

ただ、イングリッシュベルでは、追加料金無く上記の料金のみでDMEレッスンや、カランレッスンも受講することができます。

他社のオンライン英会話で、カランレッスンを受講する場合は追加料金が発生する場合がほとんどなので、そのことを考えると料金設定としては高すぎるわけではないと感じます。

イングリッシュベル(English bell)を始める前にどのくらいの実力が必要?

イングリッシュベルの教材や、講師の安定した質を考えると、イングリッシュベルは英会話超初心者でも十分にレッスン受講が可能であると思います!

実際に、イングリッシュベルでは2歳ほどの小さなお子さんもレッスンを受講しているようです!

イングリッシュベルの独自教材を見てみると、小さなお子さんからでもレッスンが受講できるように、I am〜というような簡単な自己紹介からテキストが用意されています。

その為、イングリッシュベルは、英会話経験0の方でも十分にレッスンを受講することができるオンライン英会話と言えるでしょう。

イングリッシュベル(English bell)教材一覧解説

初めて英会話クラス

英会話初心者や、小さなお子さん向けのクラス。テキストはイラストや写真が多く使われており、英語を視覚的に理解することが可能

日常英会話クラス

海外旅行や、留学時に使える日常的な英会話を学ぶクラス。まずは日常英会話をマスターすることがオススメ。

発音クラス

英語の発音の修正に重点を置いたクラス。英会話を始めたばかりの内に発音クラスを受講することで、早い段階から英語の発音を修正することが可能に。

TOEICクラス

TOEICの点数アップを主な目的にしているクラス。リスニングセクションのみ。

ビジネス英会話クラス

海外で働く方や、海外との取引がある方を対象に、実践的なビジネス英会話を身につけるクラス。

CNNクラス

CNNニュースで取り上げられたニュース等を利用して、自分の意見を言えるようになることを目標にしているクラス。まずは、CNNのニュースを見てからテキストを使用する。

カランクラス

イギリスで開発された4倍速で英会話を習得できる学習法。急激なスピーキング力とリスニング力の向上が可能。

フリートーククラス

特定のテキストを使用せず、生徒が自由に講師と会話をするクラス。テキストがない分、生徒が自発的に質問等をしないとならないため、レベルはやや高め。

DMEクラス

カランメソッドの現代版。カランメソッドに不足していた現代に使われる表現や、文法を追加。より実用的な学習法に改良されている。

DME Teensクラス

DMEの少し易しいバージョン。いきなりDMEクラスを受講することに抵抗がある方にオススメ。

DME Kidsクラス

DMEの初心者バージョン。小学生高学年や、英会話を久しぶりに始める方にオススメ。

DME Advancedクラス

DMEの上級者バージョン。このクラスを受講することで、英検1級、TOEIC900点以上の取得を狙うことができる。

DME Businessクラス

DMEの上級者向けビジネスバージョン。項目は渉外、貿易、市場競争、広告、マーケティング、販売促進など多岐に渡る。

Let's  Goクラス

小さなお子さん向けのクラス。テキストは全て英語で書かれているが、写真やイラストが豊富に入っているため、楽しみながら英語学習を行うことが可能。

DME Elementaryクラス

DMEの最も易しいレベルのクラス。対象は小さなお子さんのみ。

DME Get down to Businessクラス

DMEの中で最新のクラス。ビジネスを行う上で専門的なビジネス英語を必要とされる方向けであり、入門レベル。ケーススタディを多く取り入れられている。

ボキャブラリービルディングクラス

DMEの特性を使用して、英単語や英熟語を効率的に学ぶクラス。テキストはDuo3.0を使用する。

スピークユアマインドクラス

カランメソッドやDMEメソッドよりも、より自然に近い形で英語を学ぶことができるクラス。カランメソッドやDMEメソッドが合わないと感じている方にオススメ。

IELTSクラス

IELTSの対策の内のスピーキング部分に特化。オリジナル教材を使用するため、テキストは不要。

[画像付き]イングリッシュベルのレベルチェックテストについて!

イングリッシュベルでは、無料体験レッスンの1回目でのレベルチェックテスト受講が必須となっています!

そのレベルチェックテストをTOEIC905点、オンライン英会話15000分以上受講してきた私が実際に挑戦してみたので、結果を含めて報告します!

レベルチェックテストの流れ

イングリッシュベルのレベルチェックの構成は大きく3つに分かれています。

①講師からの質問
②TOEIC形式のリスニング問題
③写真を見ての描写

①講師からの質問

1つ目は講師からの質問です。質問数は思ったよりも多く、およそ8つほどの質問がされました。

初めは、どうして英語を学ぶのかというような簡単な質問から、最後は英検2級レベルの単語が含まれた少し複雑な質問まで、レベルチェックをする上で満遍なく質問をされました。

難易度として、質問自体はそれほど難しくはないので、どれだけ流暢に自身の意見を言えるのかを見られているのかなと感じました。

手応えとしては、質問を全て聞き取ることができ、ほぼ完璧に具体的に回答することができたと自分では思っています←

②TOEIC形式のリスニング問題

2つ目はTOEIC形式のリスニング問題です。問題数は4つで、形式としてはTOEICのパート2のものでした!

問題文と設問はオーディオではなく、講師が読み上げます。(講師が読むのか!と心の中でツッコんでいました笑)

こちらも難易度自体はそれほど難しくなく、TOEIC700点ほどのスコアがあり、文頭のWhatやWhenなどの語句を聞き逃さないように注意すればしっかり満点を取れると思われます!

②は無事4問中4問正解することができました!

③写真を見ての描写

3つ目では、以下のような2つの写真の内から1つ選択し、その写真について自由に自分の言葉でできるだけ詳しく描写します。(以下の写真はイメージです)

手応えとしては、講師の方に、「本当に細かく説明できていたね!」と言ってもらえたので、かなり出来は良かったと思います!

TOEIC905点、オンライン英会話を15000分以上受講してきた私のレベルチェックテストの結果は.....!?

さて、実際に私自身がイングリッシュベルのレベルチェックテストを受けてみた結果は......



総合評価8.3、レベルは全9段階の内の上から2つ目「Advanced」でした!

DMEのテキストレベル表を参考にすると、私はC1あたりのレベルになります!(やったー!)

個人的にはかなり完璧に出来た気でいたので、8点の項目は、どこを改善したら10点になるか等さらに詳細に結果を出してもらえたらさらに良いなと思いました!

おそらく10点を取るには、1つ1つの質問に完璧な文法で、十分な分量で具体的に答えられる英語レベルが必要なのではないかと思います。難しい...

イングリッシュベル(English bell)の口コミ

他にもイングリッシュベルの口コミを見てみると、良い口コミとしては「DMEメソッドで英語力が急激に向上した」「講師の質が良い」「レベルチェックテストが詳しくてわかりやすい」というものが多く見られました。

反対に悪い口コミを見てみると、やはり「料金が高い」という口コミが多く見られました。

全体的には圧倒的に良い口コミが多かったので、料金の問題を感じない方にとってはイングリッシュベルはオススメでしょう。

イングリッシュベル(English bell)を使った方が良い人

・DMEメソッドやカランメソッドを利用して英語学習をしたい人

イングリッシュベルの最大の特色は、やはりオンライン英会話で唯一カランメソッドの改良版であるDMEメソッドのレッスンを提供している点であると思います。

DMEメソッドやカランメソッドの指導実績は他のオンライン英会話と比較しても一歩先に出ていると言えるでしょう。

イングリッシュベル(English bell)を使わない方がいい人

・受講費用を抑えたい人
・DMEメソッドやカランメソッド以外の日常英会話やビジネス英会話のテキストを使用してレッスンを受講したい人

オンライン英会話は何よりも継続することが最も重要です。その点で考えると、イングリッシュベルは、他のオンライン英会話に比べてかなり料金が高いです。

長期的にオンライン英会話を続ける上で、イングリッシュベルの料金は予算として自身の負担にならないかどうかをまずしっかり考える必要がありそうです。

また、DMEメソッドやカランメソッド以外の、イングリッシュベルの独自テキストを見てみると、正直に言って他のオンライン英会話(レアジョブ英会話やDMM英会話)よりも作り込まれておらず、教材の質が高いとは言えません。

そのため、DMEやカランを受ける予定がなく、独自テキストのレッスンのみを受ける予定の方は、他のオンライン英会話を利用した方が良いでしょう。

[画像付き]イングリッシュベル(English bell)の無料体験レッスンを受講する方法

ここでは、これまで当記事を読んで、「イングリッシュベル良さそう!」と感じた方の為に、画像付きで無料体験レッスンの受講方法を解説していこうと思います!ぜひ参考にしてみてくださいね!

ちなみに、イングリッシュベルでは無料体験レッスンを2回受講できますが、1回目の無料体験レッスンはレベルチェック。2回目の無料体験レッスンは自身の希望するテキストとなっています!

1回目のレベルチェックは必須になっているようなので、要注意です!

それでは早速、無料体験レッスンの登録手順を解説します!

まずはイングリッシュベル公式HPのトップページにいきます。その後、トップページ右上「無料体験レッスン」をクリックします。

すると以下のような画面が出てくるので、お名前、メールアドレス、Skype名、生年月日、性別等を入力します。レッスン開始前にリマインドメールを受け取りたい方は、「レッスン通知メール」の欄にもメールアドレスを入力しましょう!レッスン45分前になると、リマインドメールが届きます。

その後、一通り入力内容を確認したら、利用規約に同意するにチェックをつけて、「会員登録」をクリックします。

※イングリッシュベルでは、一度会員登録をクリックすると、下記の入力項目の確認画面は表示されず、すぐに会員登録がされます。その為、会員登録をクリックする前に自身の入力した内容をよく確認しましょう!

すると、以下のように登録したメールアドレスに確認メールが送られたことを知らせる画面が表示されます!

その後送られたメールに記載されているパスワードを確認し、イングリッシュベルにログインすると、以下のように無料体験レッスンを促す画面が表示されます!

あとは自身の希望する日時に無料体験レッスンを予約すれば、無料体験レッスン受講の準備が完了です!

イングリッシュベル(English bell)の退会休会方法

こちらでは有料会員になった後で、「イングリッシュベルを退会したい/休会したい!」となった場合の為に、イングリッシュベルの退会休会方法について解説していきます!

無料体験レッスンだけ受講した方は、退会休会をしなくても一切料金は発生しません!

イングリッシュベル退会方法

自動更新プランの場合

自動更新プランを利用している方で、イングリッシュベルを退会するには、次回支払い日の5日前までに、お問い合わせより、事務局に退会する旨を報告する必要があります!

まずは、ログイン後のページで「お問い合わせ」をクリックします!

するとこのようにお問い合わせ画面が表示されるので、お名前、メールアドレスを記入した上で、お問い合わせ内容の欄に退会する旨を記入して送信をすると、退会の手続きは完了します!

注意点として、イングリッシュベルでは一度退会手続きをすると残りのレッスン数は全て消却されてしまいます!その為、なるべく残りのレッスンを全て消化した上で退会することをオススメします!

その都度購入プランの場合

その都度購入プランを利用している場合は、次回以降の入金をしなければ自動的に休会状態(支払い停止状態)になります。

なので、その都度購入プランを利用している方は、特に退会休会の手続きをする必要がありません!

イングリッシュベル休会方法

自動更新プランの場合

自動更新プランを利用しており、休会を希望する場合は、退会時と同様に、次回お支払い日の5日前までにお問い合わせより事務局に休会する旨(自動更新プラン停止)を報告します!

手順は、退会する場合と同じです。

まずはトップページ右上のお問い合わせをクリックします。

その後のお問い合わせの画面で、お名前、メールアドレスを記入した上で、お問い合わせ欄に休会する旨を記入した上で送信をクリックすると休会の手続きは完了です!

イングリッシュベルを再開したい場合は、再度マイページより希望の自動更新プランを登録すれば、前のアカウント情報を引き継いだ上でレッスン受講を再開することができます!

※退会休会ともに、次回お支払い日の5日前までにお問い合わせより、退会休会の旨を報告する必要があります。期限をすぎた上で報告をすると、支払い停止の手続きが間に合わず、次回のお支払いがされてしまう恐れがあるので注意しましょう!

その都度購入プランの場合

こちらも、その都度購入プランを利用している場合は、次回のお支払いをしなければ自動的に休会状態になるので特にお手続きは必要ありません!

イングリッシュベル(English bell)まとめ

ここまでDMEメソッドが評判のイングリッシュベルについて解説してきましたがいかがでしたでしょうか??この記事が皆さんのオンライン英会話選びの参考になれば幸いです!

よく読まれている人気記事

オンライン英会話解説の一覧を見る

オンライン英会話ランキングの一覧を見る

これを読めば全てがわかる!15000分受講した私が教えるオンライン英会話ガイド

おすすめの記事