資格対策に優れており、何よりもオンライン英会話において始めて、Writingの指導もしてくれる画期的なオンライン英会話Best Teacher(ベストティーチャー)!!

当記事では、これまでオンライン英会話のレッスンを総計15000分以上受講してきた私が、実際にベストティーチャーのレッスンを受講することで、ベストティーチャーがどのようなオンライン英会話なのかを徹底解説していきます!

この記事で紹介していること
・Best Teacher(ベストティーチャー)ってどんなオンライン英会話??
・Writingのレッスンってどうやってやるの??
・Best Teacher(ベストティーチャー)を選んだ方がいい人ってどんな人?
・Best Teacher(ベストティーチャー)の資格対策ってどうなの?etc.....

このような疑問をしっかりと解説していくのでBest Teacher(ベストティーチャー)を使おうかどうか考えている方はぜひ参考にしてください!

Contents

Best Teacher(ベストティーチャー)の評価


1(最低)<<<<5(普通)<<<<10(最高!!)

講師の質は??
8・・・講師の質は総じて高く。英検1級の対策に対応している講師が多数在籍しています。
講師の数は??
6・・・講師の数百人規模で在籍しています。
教材の質は??
8・・・全ての教材が英会話能力を効率的に伸ばすように作り込まれており、特に資格対策用の教材は非常に質が高くなっています。
教材の数は??
7・・・満遍なく学ぶ上で十分な教材数が用意されています。
料金は??
7・・・月額12000(税込)〜(コースによって異なる)で毎日レッスンが受け放題であり、教材の内容を見てもかなりコスパは高いです。
初心者へのオススメ度は??
5・・・ライティングのレッスンがメインになる為、初心者の方にとってはかなり難しく感じると思われます。
上級者へのオススメ度は??
8・・・英検1級やTOEIC、TOEFL、IELTSの対策など一通りの資格対策にも対応している他、日常英会話やビジネス英会話のレッスンも豊富な為、上級者の方にも充実したレッスンが提供されています。
子供へのオススメ度は??
3・・・ライティングのレッスンがメインとなる為、お子さんのレッスンには不向きです。
ビジネス英会話のレッスンのオススメ度は??
7・・・ビジネス英会話用の教材は多数取り扱われており、実用的な内容となっています。
資格対策のレッスンのオススメ度は??
10・・・オンライン英会話で唯一、英検1級の対策にも対応しており、TOEICやTOEFL、IELTSなどの有名な資格だけではなく、GTECやTEAPの資格対策にも対応しています。資格対策の分野においては、オンライン英会話の中で圧倒的1位のオススメ度となっています。
予約の取りやすさは??
8・・・どの時間帯でも一定数以上の講師から予約することができます。
継続のしやすさは??
5・・・講師や教材の評判も高いですが、やや料金が高いのがマイナス点です。
総合評価
7・・・特に資格対策をしたい方に自信を持ってオススメできるオンライン英会話です。しかし、ライティングのレッスンを受講してからではないと、Skypeレッスンを受けられないというマイナス点があります。

Best Teacher(ベストティーチャー)基本情報、概要

Best Teacher(ベストティーチャー)の特徴はなんと言っても、対応している資格対策の量と、オンライン英会話業界初のWritingレッスンになります!全オンライン英会話の中でも資格対策におけるシェア率はトップであり、唯一、オンライン英会話で英検1級の対策にも対応しています。その為、テキストはもちろん、英検1級対策を教えられるほどの質の高い講師が揃っていると評判です。

入会金 0円
教材費 0円
月額料金 通常英会話コース 月額12000円(税込)
試験対策コース 月額16200円(税込)
英検対策コース 月額16200円(税込)
レッスン形態 マンツーマンレッスン (25分)
講師 ネイティブ講師、ノンネイティブ講師
対応コース 通常英会話(日常、ビジネス)
TOEFL ibtコース
TOEIC SW対策コース
IELTS対策コース
英検対策コース(英検3級〜1級)
TEAP対策コース
GTEC CBT対策コース
レベル 特に分かれていない
実績 資格対策で圧倒的シェア!オンライン英会話初Writingレッスン!
レッスン可能時間 24時間
支払い方法 クレジットカード、Paypal、銀行振込(3ヶ月分)
無料体験レッスン 1回
無料体験レッスン受講時にクレジットカードが必要かどうか
必要なし
通信方法 Skype
教材 独自制作教材、英検等の資格教材
解約方法 HPより解約可能
日本人講師有無
総合点数 69/100点

Best Teacher(ベストティーチャー)はこんな方にオススメ

ベストティーチャーをオススメする人
・TOEIC、TOEFL、IELTS、英検などの資格対策をしたい人
・英語で書類や、メールを書く必要のある人
・資格対策だけではなく、日常英会話も学びたい人
ベストティーチャーの特徴
・資格対策のレッスンに非常に強く、オンライン英会話で唯一、英検1級までも対策可能
・全オンライン英会話の中で唯一、ライティングのレッスンを提供
・レッスン受け放題

Best Teacher(ベストティーチャー)を選ぶメリット!

ベストティーチャーのメリット
・ライティングを伸ばせる!
・自分の作った文章でシャドーウィングやディクテーションもできる!
・上記のことをSkypeレッスンでまとめてくれる!
・海外にメールをする機会がある人には最適!!
・資格対策ができる!
・講師の質が高すぎ
・ネイティブ講師を選んでも追加料金がかからない!
・レッスンが受け放題!
・24時間レッスンの受講が可能!

ライティングを伸ばせる!

まず、Best Teacher(ベストティーチャー)の大きな特徴の1つとしては、ライティングを伸ばすことに注力しているということです!

例えば、上の図を用いて紹介すると、グレーの部分が、講師。青色の部分が私自身が入力した文章です(かなり文法的なミスをしていますが、さらけ出します笑)

Writingセクションでは、このように、講師と生徒でお互いにレッスンの議題に沿って返信を続けます。(5回返信を繰り返す)

ちなみに送信BOXはこのようになっています。Weblio辞書が付属しているので、わからない表現や単語があれば調べながら返信の文章を制作することができます。

そして試行錯誤しながら、5回返信を続けたら、Writingパートは一旦終了です。

返信が終わったら次は講師の方が私が制作した文章を添削してくれます。

添削には数時間から1日かかると書かれていますが、私の場合は40分ほどで講師の方から添削された文章が送られてきました。

すると送られてきました、大量に修正された私の文章が (笑

例えば私が作った文章を例に出すと(本当に恥ずかしいですが)

私が作った文章
「I'm really appreciate it.
My flight was delayed. So it took long time more than I thought.
Anyway, thank you for everything today! Good night!」
(本当に感謝しているよ!フライトが遅れて思ったよりも時間がかかっちゃったんだ。とにかく今日は色々ありがとう!おやすみ!)

と講師に送っています。次に講師が添削してくれた文章がこう

講師が添削してくれた文章
「I really appreciate it.
My flight was delayed. So it took a longer time than I thought.
Anyway, thank you for everything today! Goodnight」

訂正されている箇所がわかりますか??まず文頭のI'mがIに直されていますね。appreciateを使うときはamをつける必要はありません。

次に、「So it took long time more than I thought.」が「So it took alonger time than I thought.」に直されています。冠詞のaのつけ忘れ。そして比較のときは、この場合moreではなく、
long→longerです。

そして極めつけは、一番最後のGood nightです。どの部分が間違っているかわかりますか?

正解はGoodとnightを離す必要はなく、Goodnightで良いというところです。

非常に正確に添削をしてくれていると思いませんか??

正直、文章を作った際、私は「普通にこの文章で完璧に通じるだろう!」と思って文章を打っていました。

しかし、Best Teacher(ベストティーチャー)は通じれば良いというわけではなく、文法的にも単語的にも完璧な文章の制作を要求してくれます。

確かに、「話せるようになる!」という点では完璧な文法で話す必要はありません。(海外の方が少し不自然な日本語を話していても十分に理解できますよね?)

しかし、ビジネス等で英語の文章を作るとなると話は別です。

私たち日本人が、少し文法的に間違っている日本語を読むときに、違和感や読みにくさを感じるように、英語の文章が間違っていると、それを読む海外の方は同じような違和感や読みにくさを感じます。

特にビジネスパートナーが拙い英語で書類を送ってきたら、送られた方は「本当にこの人大丈夫かな?」と心配になりますよね。

これらを踏まえた上で、Best Teacher(ベストティーチャー)では、海外の人に英語で書類を送る上でも問題のないレベルにまでライティング力を押し上げてくれます!

これらの理由から、ライティング力を押し上げたいなら絶対にBest Teacher(ベストティーチャー)がダントツであると断言できます。

自分の作った文章でシャドーウィングやディクテーションもできる!

次に紹介するBest Teacher(ベストティーチャー)の特徴は、講師の添削後の復習パートで(図真ん中)

自分が作って講師が添削してくれた文章で、シャドーウィングやディクテーションができるということです!

復習パートでは、まず講師が添削してくれた文章を実際にオーディオで再生して聞くところから始まります。

その次にシャドーウィングです

このように、再生速度を自分で変えながら、流れてくる音声に続いて瞬時に発生します。

ちなみに、このシャドーウィングは学んだ知識を脳に定着するとともに、英語脳を作る上でも非常に効果的になります。

そして最後がディクテーションです。

ディクテーションでは音声が流せます。それを元に講師が添削してくれた文章で空欄になっている部分を実際にキーボードで入力して埋めるという形になります。

ちなみにわからなくてもSkipできるのでそこは安心して大丈夫ですよ!

上記のことをSkypeレッスンでまとめてくれる!

Writingパートと復習パートが終わったら最後はSkypeレッスンです!

Skypeレッスンでは、講師が添削してくれた文章を、2パートに分けて読んで発音を確認したり、わからないところを確認して解説してくれたりします!

また講師によってはSkypeのチャットBOXを活用して、文法の確認をしてくれたり、適切な単語を教えてくれたりします!

時間が余った場合も、フリートーキングでレッスンに関わる内容を質問してくれるので、会話の練習にもなりますよ!

海外にメールをする機会がある人には最適!!

ここまででも説明したように、Best Teacher(ベストティーチャー)は海外にメールをしたり、英語で書類を書く方には非常にオススメです!

上記のようなレッスン内容で、文法の間違いや、文章の微妙なニュアンスのズレを徹底的に直してくれます!

他のオンライン英会話スクールでは、スピーキングを重視しているため、細かな文法やニュアンスのミスは流されがちですが、Best Teacher(ベストティーチャー)ならしっかりとそれらのミスを補正してくれます!

なので、Best Teacher(ベストティーチャー)ならば英語圏でも恥ずかしくない文章力を身につけることができますよ!

資格対策ができる!

Best Teacher(ベストティーチャー)では、

Best Teacherで提供している資格対策
通常英会話(日常、ビジネス)
TOEFL ibtコース
TOEIC SW対策コース
IELTS対策コース
英検対策コース(英検3級〜1級)
TEAP対策コース
GTEC CBT対策コース

これらの資格に対策するコースも提供しています。

TOEFLやTOEICの対策に対応しているオンライン英会話は幾つかありますが、TEAPやGTECに対応しているオンライン英会話はまずありません。

さらに注目すべきなのは、英検対策コースが英検1級まで対応しているということです。

英検1級まで対応しているオンライン英会話は私が知る限り、Best Teacher(ベストティーチャー)だけです。(英検1級を教えるということは英検1級の合格ラインよりはるかに上の英語力が要求されるので)

しかもBest Teacher(ベストティーチャー)では、会話だけではなく、このようにライティングの面からも試験対策をしてくれるので、英検の記述問題などでは非常に効果的になります。

そのため、今後私が、英検1級の取得を目指すなら(現在TOEIC905、英検準1級)間違いなくBest Teacher(ベストティーチャー)を選びます。

講師の質が高すぎ

実際にBest Teacher(ベストティーチャー)を受講して思ったのは、講師の質が他のオンライン英会話に比べて圧倒的に高いということです。

でも考えてみてば確かにそのはずです。講師の質が高くないと、英語の文章の添削。ましてや英検1級の対策、IELTSの対策なんてできませんから。

さらに、Skypeレッスン中も私の文法のミスによく気がついていました。

というのも他のオンライン英会話を利用していると、「レッスン中に文法のミスはなかったよ!」と言われるんです。もちろんこれは、私が文法ミスをしていないということでは絶対ありません笑

おそらく気がついていないか、会話重視のため指摘をしていないんです。

しかしBest Teacher(ベストティーチャー)の講師は私の小さな文法ミスもSkypeのチャットBOXを使って何度も修正してくれました。

このことからもBest Teacher(ベストティーチャー)の講師のレベルの高さが伺えました!

ネイティブ講師を選んでも追加料金がかからない!

Best Teacher(ベストティーチャー)でいいなと思ったポイントの1つがSkypeレッスンでネイティブ講師を選んでも追加料金がかからないという点です!

大抵の場合、ネイティブ講師を選んだ場合、追加料金がかかったり、ネイティブ講師のレッスンも受けられるプランに入会する必要があるのですが、Best Teacher(ベストティーチャー)ではそのようなことなく、ネイティブ講師のレッスンを受講できます!

これは個人的にかなりポイントが高いです。

レッスンが受け放題!

Best Teacher(ベストティーチャー)では月額の料金さえ払えば、何度でもレッスンが受け放題になります!

そのため、短期間で英検の資格勉強をしたい!という時でも受け放題なため短期間でも十分に密度の高いスケジューリングを立てることができます!

レッスン受け放題といえば、ネイティブキャンプ英会話も当てはまります。個人的には、レッスン受け放題でオンライン英会話を選ぶ際、

会話重視ならネイティブキャンプ英会話

資格対策やライティング重視ならBest Teacher(ベストティーチャー)を選べば良いのではないかと思います。

24時間レッスンの受講が可能!

Best Teacher(ベストティーチャー)では24時間いつでもどこでもレッスンの受講が可能です!

そのため、上記で紹介したレッスン受け放題と24時間レッスンを組み合わせれば、資格対策なども一気に進めることができます。

日中は忙しくてレッスンを受けられない!という方にも24時間レッスンの受講が可能なのは嬉しいですよね。

Best Teacher(ベストティーチャー)に改善して欲しい所

ベストティーチャーの改善して欲しいところ
・writingを終わらせないとSkypeレッスンを受講できない
・レッスン進行の流れが遅い

writingを終わらせないとSkypeレッスンを受講できない

まず私がBest Teacher(ベストティーチャー)に改善して欲しいと思ったところは、Writingパートを終わらせないと、Skypeレッスンを受講できない点です。

Skypeレッスンを受けるには必ずWritingパートを終わらせないとならないので、「今日は会話メインでレッスンを受けたい!」という時にSkypeで会話だけする!という使い方ができません。

そのため、Best Teacher(ベストティーチャー)はSkypeレッスンだけ受講する日を作りたい!という方にはオススメできないなと感じました。

レッスン進行の流れが遅い

まず、Best Teacher(ベストティーチャー)を受講して感じたことは、レッスン進行の流れが遅いことです。

というのも、Writingパートで一度講師に返信した後、講師側が返信するまで、レッスンを中断しなくてはなりません。

講師側の返信頻度もLINEのようにリアルタイムではないので、一度私が返信したら、講師が返信するまでに毎回5分ほど待つ必要があります。

つまり5回の返信のやりとりでこちら側も1つの文章を作るのに5分かかるとしたら

5×5×2=50分で計50分ほど始めのWritingパートでかかることになります。

その後講師が添削して復習パートに移る必要もあるため、一番始めのWritingパートからSkype面接までおよそ2時間ほど最低でもかかることになります。

オンライン英会話にそんなに長時間かけられない!という方も多いと思うので、オンライン英会話にあまり時間をかけられない!という方にもBest Teacher(ベストティーチャー)はオススメできません。

ちなみに補足しておくと、Writingパートは3つのレッスンを同時進行で進めることができます。そのため、3つのレッスンを同時進行しておけば、Writingパート→復習パート→Skypeレッスンの流れを早めることができますよ。

Best Teacher(ベストティーチャー)の料金は??



通常英会話コース 月額12000円(税込)
試験対策コース 月額16200円(税込)
英検対策コース 月額16200円(税込)

Best Teacher(ベストティーチャー)の料金はこのようになっています。

他のオンライン英会話よりも価格設定は高めですが、ライティング対策や、添削、各種試験対策もでき、24時間レッスン受け放題ならば良い値段かなと思います(予備校で英検対策等をするより私は圧倒的にBest Teacherで対策することをオススメします。)

Best Teacher(ベストティーチャー)を始める前にどのくらいの実力が必要!?

実際にBest Teacher(ベストティーチャー)を受講してまず思ったことは、全くの初心者でいきなりBest Teacher(ベストティーチャー)のレッスンを受けるのは少し厳しいです。(無理ではありません)

というのも、レッスンではある程度英語で文章をかけることが前提になっていますし、Skypeレッスンにおいては日本語を話せる講師がほとんど存在しないからです。

体感としてBest Teacher(ベストティーチャー)のレッスンを受ける上では最低でもTOEIC400点ほどの実力があったほうがいいかなと感じました、

Best Teacher(ベストティーチャー)のレッスンの様子を動画で見てみる!

Best Teacher(ベストティーチャー)でわからないことがあればこちらも参考にしてみてくださいね!

Best Teacher(ベストティーチャー)を毎日続けるためのポイント!

Best Teacher(ベストティーチャー)を毎日続けるためのポイントは、Writingレッスンをコンスタントに消化するということであると思います。

Writingレッスンは3レッスン同時に進行することができますが、後からまとめてやればいいやと思っていたら、絶対にやらなくなります笑

そのため、1日1レッスンでもコンスタントにレッスンを消化していくことがBest Teacher(ベストティーチャー)を毎日続けるためのポイントかなと感じました!

Best Teacher(ベストティーチャー)の口コミ、評判

良かった点
実力派講師ばかりいます。コスパはだんとつ。きちんと英語を教えるという明確な目標をもっている方ばかり。
経歴もすごいです。実際に大学で英語を教えている講師がぞろぞろいるようなスクールです。ベテラン講師を選択すればまちがいないと思います。フィリピン、アフリカの先生もかなりの実力です。ハンガリー、セルビアの先生もすごいです。英語を第二外国語とする先生も、実力がかなり高いです。講師の質、カリキュラムの質を考えると、ナンバーワンです。
30代男性
良かった点
現在、2年ほど活用しています。同じ先生と定期的にレッスンができるので、自分のレベルを確認できること、先生の質が高く、ディスカッションなど、リアルな英語を学べている。24時間可能なので、いつでも受講できる点も高い。
30代女性
良かった点
他にはない自分で会話を文章で作成し、添削してもらってからのskypeレッスン。実際のビジネスや日常会話で出くわす場面に沿って自分が話したい内容を実践するので身につきますし、そのまま使えます。
20代女性
悪かった点
50人ほどの講師のレッスンを受講しましたが、そのうちまた受講したいと思った講師は10人くらいでした。指導力、教授意欲の乏しい講師陣にがっかりさせられました。
レッスンがスクリプトとフリートークに限定されていますが、スクリプトの返信が遅すぎて往復のやりとりを待っていられません。
40代女性

[2分で登録!]Best Teacher(ベストティーチャー)の無料体験レッスンを受ける方法!

まず始めに無料体験レッスンはこちらからをクリック。

次に氏名等の各種情報を入力します。

すると登録したメールアドレスにURLが記載されたメールが届くのでURLをクリック。

すると、無料体験で受講するコース選択ができるので、無料体験したいコースを選択します。

するとこのように受講開始可能画面となるのでWritingパートからレッスンを受講します!

以上で無料体験レッスン受講までの紹介は終わりです!Best Teacher(ベストティーチャー)では無料体験登録までの流れが非常にわかりやすいので安心ですね!

ちなみにBest Teacher(ベストティーチャー)では、無料体験レッスン後に自動で有料会員になるなんてことは一切ありませんのでそこもご安心ください!

無料体験レッスン受講後に、有料会員になるかどうかの案内がくるので、その時に入会するかどうかを選択すればいいですよ!

Best Teacher(ベストティーチャー)の退会休会方法

こちらでは有料会員になった後にやっぱり解約する!となった時のために解約の方法を紹介しておきます!

Best Teacher(ベストティーチャー)退会方法

支払い方法がクレジットカードの場合

まずトップページにログイン後、画面右上の設定をクリック!

すると画面左側にこのような画面が表示されるので、この中から「お支払い・退会」をクリックします!

その後画面下側にこのようにサービスを退会という画面が表示されるので、こちらから「退会申請画面に移動」をクリックします!

すると最後に、このようにアンケート画面が表示されるので、記入後退会するをクリックすると退会が完了します!

しかし、こちらはクレジットカードで支払いをしていた場合です!

Best Teacherでは支払い方法毎に退会方法が異なりますのでこちらも合わせて紹介しますね!

銀行振込の場合

銀行振込の場合は次回支払日の前日までに退会する旨をお問い合わせフォームから連絡する必要があります!

まずはトップページ下部の「お問い合わせ・ご要望」をクリックします!

するとこのような画面が表示されるので、お問い合わせカテゴリを「各種手続・お支払」などにして、件名、お問い合わせ内容から退会する旨を記入します。

最後に「送信する」をクリックすると退会が完了します!

Paypalの場合

Paypalの場合は、Best Teacher(ベストティーチャー)上ではなく、自身のPaypalのページから退会手続きを行います。

まずは、Paypalにログイン後、画面右上の歯車のアイコンをクリックします。

その後、支払い設定の「事前承認支払い」をクリックします。そこから「ベストティーチャーの定期購読をキャンセルする」を選択。

「この個人設定はキャンセルされており、利用を再開できません。今後定期支払いは実行されません。」という文章が表示されれば、ベストティーチャーの退会手続きは完了です。

Paypalでの退会は他の退会方法に比べて少し複雑なので、Paypalでの支払いを選ぶよりも、クレジットカードでの支払いを選ぶことを個人的にはおすすめします!

Best Teacher(ベストティーチャー)では休会ができない!?

Best Teacher(ベストティーチャー)では残念ながら休会制度が用意されていません。

でも実質的には退会後に再入会すれば、前のアカウントのまま、またレッスンを受けられるんでしょ?

と思う方もいるかもしれませんが、残念ながらBest Teacher(ベストティーチャー)では退会後はレッスン履歴や、ライティングレッスン履歴が全て削除されてしまう為、退会後に再入会しても前のアカウント情報を引き継ぐことが一切できません!

この期間はしばらくレッスンを受けられないから、一旦休会したい!と思っても自由に休会できないのはかなり残念ですね。

その為Best Teacher(ベストティーチャー)を利用する際は、休会制度がないが大丈夫かどうかもしっかりと考慮する必要があります。

Best Teacher(ベストティーチャー)まとめ

ここまでオンライン英会話Best Teacher(ベストティーチャー)について徹底解説してきました!

この記事がオンライン英会話選びの参考になれば幸いです!

よく読まれている人気記事

オンライン英会話解説の一覧を見る

オンライン英会話ランキングの一覧を見る

これを読めば全てがわかる!15000分受講した私が教えるオンライン英会話ガイド

おすすめの記事